無料で使えるオープンソースのメールフォームおすすめ3選!特徴まとめ

こんにちは!
今回はWeb関連の記事です。

いきなりですが、メールフォームを設置したり利用されたことはありますか?

サイト運営側とサイトを訪問するユーザーを繋ぐために欠かせないのがメールフォームです。

メールフォームは、ユーザーからの問い合わせを受け付けるだけではなく、アンケート集計やイベントの申し込みをするためなど、さまざまな用途にあわせて利用できるため、Webサイトを運営するにあたり、メールフォームを設置することは必須です。


私自身、フロントエンドディベロッパーとして活動していく中で、ブログ運営やWeb制作案件にたずさわりながらも、日々使いやすいメールフォームを探していました。

そこで今回、無料でつかえるおすすめのオープンソース型のメールフォームをご紹介していきます!

オープンソースとは何か

まずはじめに、オープンソースって何かというお話。

オープンソースは、「オープン=公開する」、「ソース=ソースコード(プログラミング言語で書かれた文字)」から成り立っており、つまりはソースコードを公開しているソフトウェアのことを指します。

さらに説明すると、ソースコードを広く公開し、誰もがアクセスしたり、変更や配布ができる手法のことです。
ソフトウェア自体は無料のため、利用目的にあわせて必要な機能をカスタマイズしていくことが最大のメリットでもあります。

Webサイト運営をされている方にとってはおなじみのWordPressEC-CUBEなどが代表的なオープンソースとしてあげられます。
他にも業務型アプリケーションのFirefoxやデータベースのMySQLなどもオープンソースです。

それでは、ここからは実際にオープンソースのメールフォームをご紹介していきます!

EASYMAIL

EASYMAIL

はじめは、
Web制作・デザイン、Webマーケティング、翻訳サービスを手がける株式会社ファーストネットジャパンが開発したメールフォームです。

機能と特徴

・レスポンシブ対応
・自動返信機能
・添付ファイル送信機能
・フォームデザイン変更可能
・送信用データをCSV形式でダウンロード
・多言語対応(日本語・英語・中国語)
・入力制限可能
・登録フォーム数の制限なし
・MITライセンス  など

ざっと上げただけでも無料で使えるメールフォームとしては十分ほどの機能がそなわっています。

【ポイント1】デザインのカスタマイズが豊富

EASYMAIL Theme

EASYMAILには既存のスタイリッシュなデザインテーマが用意されているため、デザインを組むことが苦手な方や、シンプルなデザインで十分という方でもデザインに悩まず使えるところがとても魅力的です。

冒頭でもお話ししたように、デザインのカスタマイズが自由に行えるため、コーディングができる方であれば、HTML, CSSを編集しながらWebサイトにあわせたデザインを実装することが可能です。

【ポイント2】UI/UXが魅力!

EASYMAILはPHPというプログラミング言語で開発されているため、静的サイトにメールフォームを設置することができます。

今までメールフォームを設置するためだけにWordPressでサイトを構築し、プラグインのメールフォームをつかっていた人もいるかもしれませんが、
サーバー側のプログラムの知見がなくても、自由自在に静的サイトにメールフォームを設置することができるのはメリットだと思います。

WordPressで構築されたWebサイトにもEASYMAILのメールフォームを設置することができるので、幅広いWebサイトに導入ができます。


またEASYMAILの管理画面はスタイリッシュかつシンプルで、デザインの編集・フォーム項目・テーマ・言語の設定などが感覚的に操作できるので、導入後の使いやすさもポイントです。

メールフォームを構築していく上で、導入方法や編集方法などの使用感がとても大切です。機能が十分であっても、管理がしにくかったり、操作がしにくかったりすると、そのメールフォームを導入したくなくなりますよね。

EASYMAILは管理画面にも使いやすさを追求されている点はすばらしいと思います。

【ポイント3】CSVデータの管理

メールフォームを通して送られてきたデータをCSV形式でダウンロードすることができます。
つまり、ダウンロードしたCSVファイルをEXCEL上で使用することができるので、ユーザー管理に活用することができます。

データを可視化しながら管理することは、Webサイトを運営する上で重要なことなので、とてもありがたい機能ですよね。

EASYMAILはこちら

Responsive Mailform

Responsive Mailform

つぎに、
Web制作とプログラム開発事業を行なっているファーストステップが開発したメールフォームのご紹介です。

機能と特徴

・レスポンシブ対応
・自動返信機能
・フォームデザイン変更可能
・ページ移動なしで必須項目の入力チェック
・リフェラ(ドメイン)チェックによるスパム対策機能実装
・ふりがな自動入力機能
・入力エラー時には、その項目まで自動スクロールして戻る機能
・「規約に同意する」のチェックボックス追加可能  など

【ポイント1】メールフォームを利用するユーザー目線!

Responsive Mailformの開発者が以下の基本思想を掲げています。

1. 入力する人がストレスを感じることなく快適に入力〜送信までできること
2. なるべく簡単に設置でき、正常にメール送信がされること
3. 既存のページに組み込みやすいこと
4. デザインの変更などがしやすいこと


そもそもメールフォームを設置する理由は、”サイト訪問者からの問い合わせを受け付けるため”であるので、問い合わせをするユーザー側からみて、使いやすくスムーズにフォームを送信できることが必須ですね。

その点でいうとResponsive Mailformは、ユーザーにストレスを感じさせないように使用感を重視して開発されているので、ユーザーからは文句なしのメールフォームかと思います。


また、PHPで動いているためメールフォームをサーバーに設置する必要はありますが、HTMLやCSSがあまり得意でないサイト管理者にとっても、設置さえしてしまえばメールフォームとして十分な機能が備わっているので問題なしです。

【ポイント2】好きな機能をカスタマイズできる

Responsive Mailformの開発者がユーザーにとって使いやすいフォームであることを重視しているため、「必要最低限な機能しかついていないのでは?」と思われるかもしれませんが、追加で好きな機能をカスタマイズすることができるんですね。


例えば、以下のような追加機能があります。

・CSV記録アドオン
メールフォームから送信された内容を自動的にCSVファイルに記録できる機能

・書き込み時間計測アドオン
フォームの本文欄の入力にかかった時間を計測し、サイト管理者に届くメール内にかかった秒数が記載される機能

・添付ファイル機能アドオン
画像やテキストファイルなどを添付できる機能

その他にもさまざまな追加機能が用意されています。

本来使わないであろう機能がもともと用意されているのではなく、目的に応じて必要な機能をカスタマイズすることができます。
そのため、動作が軽く設定項目も減るので、サイト管理者側からしてもうれしいですよね。


また、随時メールフォームがバージョンアップされているため、追加機能が増えたり、さらに使いやすい仕様にこまめに管理されている面でもResponsive Mailformは非常に使いやすいです。

【ポイント3】デザイン変更がしやすい

HTML, CSSがあまり得意でないサイト管理者にとってもResponsive Mailformであれば、メールフォームの設置が簡単にできてしまうのですが、逆に言えばHTML, CSSでコーディングができれば、自由自在にデザインの変更ができます。

「メールフォーム自体はシンプルな機能だけで十分だけど、デザインはWebサイトと統一したい!」という方にとって、便利な印象です。

外部のメールフォームサービスをつかうと、なかなか自由にデザインを変更できないものがありますが、
Responsive Mailformは公式サイトにもデザインの変更方法の解説が公開されていますし、HTML, CSSでのコーディングでデザインを変更するまでの敷居が低いのも良いですね!

Responsive Mailformはこちら

Snow Monkey Forms

Snow Monkey Forms

さいごにご紹介するのは、
WordPressテーマ/プラグインデベロッパーとして活躍されているキタジマタカシさんが開発されたSnow Monkey Formsです。

フリーランスで多くのプロダクトをオープンソースで開発されていて、Snow Monkey FormsもWordPressのプラグインとしてオープンソースで開発されています。

少し補足になりますが、
世界的にもWordPressをCMSとして採用する企業が圧倒的に多いこともあり、まだまだWordPressの需要は続きそうです。

WordPress5.0からブロックエディタ(Gutenberg)が標準搭載となり、文章や画像をブロック単位で管理することができるようになりました。

そのブロックエディタ(Gutenberg)対応しているメールフォームプラグインがSnow Monkey Formsです。
ちなみにSnow MonkeyというWordPressの有料テーマがありますが、Snow Monkeyのテーマでなくても、このSnow Monkey Formsのプラグインをつかうことができます。

機能と特徴

・無料で使えるWordPressプラグイン
・ブロックエディタ(Gutenberg)用で最新のWordPressに対応している
・設置操作が簡単
・フォームデザイン変更可能
・フォーム確認画面機能
・プログレストラッカー機能(入力→確認画面→送信完了)
・自動返信機能  など

【ポイント1】ブロックエディタ(Gutenberg)でフォームの設置が簡単

Snow Monkey Forms How to

Snow Monkey Formsは、ブロックエディタ(Gutenberg)用に開発されたため、フォームの設置が非常に簡単で、フォーム項目の選択も感覚的に操作ができます。

WordPressのメールフォームプラグインで有名どころだとContact Form7MW WP Formがありますが、それらと比べるとSnow Monkey Formsはブロックエディタ(Gutenberg)を使えることが最大のメリットであり、サクッとメールフォームをつくることができるのです。

イメージとしては、デフォルトで用意されている「お名前」「Eメール」「メッセージ」項目以外に好きな項目をブロック形式で追加していく感じです。

【ポイント2】機能が分かりやすくてシンプル

他のメールフォームプラグインに比べると機能自体はそう多くなく、独自の項目ブロックなどを追加することができなかったり、任意で設定できるバリデーションルールも”必須”しかないようです。
ただ、メールフォームとして十分な機能は備わっていることと、それ以上に機能の役割が分かりやすいところがメリットです。


現時点で用意されている項目ブロック
・email
・チェックボックス
・ラジオボタン
・セレクトボックス
・テキスト
・テキストエリア
・URL
・Tel
・ファイル

これらの項目ブロックを追加し、好みの項目名を付けてメールフォームをつくっていきます。
正直、上記の項目ブロックだけでも一般的なメールフォームをつくることができますし、ブロックが可視化されていることで、必要な分だけ簡単に追加していくことができるようになります。


また、4つのフォームスタイルが用意されています。
・デフォルト
・Simple table
・Letter
・Business

用途にあわせてこれらのフォームスタイルを選ぶことができます。

【ポイント3】他メールフォームプラグインにはないうれしい機能あり!

上記では機能がシンプルと説明しましたが、Snow Monkey Formsでは他のメールフォームプラグインにはあまりないような、うれしい機能もあるんです。

それは、意外と便利な“プログレストラッカー”という機能です。

プログレストラッカー機能をオンにすると、
ユーザーがメールフォームを入力してから送信するまでにフローが表示されるようになります。

1. 入力(メールフォーム入力中)
2. 確認(入力した内容の確認)
3. 完了(確認した内容のメールフォーム送信完了画面)


例えば、今ユーザーが、「1. 入力」のフローにいるとしたら、次は「2. 確認」「3. 完了」作業が必要だよ!というメールフォーム送信までのフローを説明できるようになります。

私自身もユーザーとしてメールフォームをつかうことがありますが、
「フォームの入力が終わったら、次は送信されちゃうのかな?」なんてよく思ったりします。

そういった理由からプログレストラッカー機能は、ユーザーにとって安心できる要素であるなと感心しました。

こちらは追加機能なので、必要ないと思ったら機能をオフのままにしていれば表示されることはありません。好みで簡単に導入できるところもやはりうれしいです!

Snow Monkey Formsはこちら

まとめ

今ではWebサイトにメールフォームの設置は必須となってきており、その分メールフォームサービスも増えてきて、「どのサービスを選んだら良いのだろう?」と迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。


まずは、
サイト管理者にとって、またユーザーにとって必要な機能はなにか、デザインはどんなものが良いかなど、目的と課題を把握することが大切です。


数あるメールフォームサービスの中でも、
今回ご紹介した「EASYMAIL」「Responsive Mailform」「Snow Monkey Forms」は、オープンソース型のメールフォームのため、導入コストがかからずに、簡単にメールフォームを設置することができます。

必要最低限な機能は備わっていたり、自由にデザインや機能をカスタマイズしていけるので、シンプルなメールフォームが好きな方でも、こだわってメールフォームをつくりたい方にとっても、バランスの良いメールフォームサービスなのではないでしょうか。

メールフォームの導入にお困りのかたや、どのようなメールフォームサービスを選んだら良いか迷われている方のお力になれたらうれしいです!