2021/1/4

Norway

ノルウェーの協力ゲーム”Mørkredd “が面白い

Mørkredd

Hei hei.
今日は、ノルウェーで開発されたゲームについてのお話。
実際に私も試してみてとても面白かったので紹介したいなと思い、記事にしてみました。

Mørkreddについて

ノルウェーに拠点を置いているHyper Gamesが開発した協力ゲーム。
2020年12月にリリースされたばかりの新作ゲームですね。

対応プラットフォームは、Xbox Series X|S, Xbox One, PCです。
Xboxを持っていなくて、手軽に試してみたい方はPCが良いかなと思います。
Steamから購入ができます。

ただしPCの場合は、対応OSがWindowsのみなので注意が必要です。
Macユーザーが購入しても自らプレイすることはできませんが、Windowsユーザーにソフトを購入してもらい、Steamから招待を受ければMacユーザーでも一緒にプレイすることができるようになります。

どんなゲームなのか

ゲームのテーマがシンプルで良い

Mørkreddはノルウェー語で「暗闇への恐怖」を意味しています。

暗闇の中で大きな光の球体を転がしながら、出口を目指していくゲームです。操作は非常にシンプルで感覚的に進められるところが良いですね:)
(大玉転がしのようなイメージ)

影に注意してゴールを目指して

2人のキャラクターで協力しながら光の球体を転がして先へ進んでいくのですが、光の球体に照らされることによって自分ともう一人のキャラクターに影ができます。もう一人のキャラクターの影に当たってしまうと自分が溶けていなくなってしまうんですね。

もちろん人物の影の他にも、建物や他の生物などにも影があるのでとにかく影に当たらないように進んでいく必要があるんですねー。影に当たると即効溶けてなくなるのがハラハラして悔しくて楽しいポイントでもありますが笑

映像がきれいで幻想的

操作自体はシンプルなものの、映像が幻想的できれいなところもまた良いです。

ノルウェーの長くて暗い冬を思い浮かべながら、生き物、風や水の妨害を乗り越えていくシーンもたくさんあります。幻想的な映像の中にも、自然を連想させるようなモノの動きや音が細かく作られていて、ノルウェーらしく面白いなと感じました。

Boat

協力プレイの面白さ

このゲームの一番の面白いところは協力してゴールを目指していくところ。
ただ2人で球体を転がすだけでなく、1人が球体を転がしながらももう1人が生き物を倒したり、扉を開いたり、あるスイッチを押したり、進んでいくごとにミッションをクリアしていく必要があるんですね。

球体でできた光の中でミッションを行う必要があるので、どうやって影の中に入らずに進んでいけるかが考えるポイントでもあります。

ミッション中に2人のキャラクターがすれ違うことによって、お互いの影に当たってしまうと、溶けてしまうので注意が必要なんですねー。

めちゃめちゃ面白い。

Coorpration

まとめ

1人で2人のキャラクターを操作することもできますが、2人で協力してプレイしてみることをおすすめします:)

シンプルだけどユニークなノルウェーのゲーム、興味があったら是非試してみてください。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。